【生き方模索中】家事や仕事における、「言ってくれ」派の主張

スポンサーリンク

こんにちは。

ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます!

Miryと申します。


今回の記事では、次のようなことをお話します。

・「空気読むのは苦手だから言ってくれ」
 と思う人の不満・主張

・言われないと行動しないことについて

 
「空気読むのとか察するのとか無理だよ。言ってくれよ。」と思う人の気持ちは、「察してくれよ」と思っている人には伝わりにくいと思います。

逆もまた然り。

家事や仕事の揉め事においては、よくあることだと思います。

前回、【家事や仕事における、「察してくれ」派の主張】についてお話しましたので、よろしければこちらもお読みいただければと思います。



私は元々、

ミリー
ミリー

言ってくれなきゃ分かんないもんね。

私もちゃんと意見言うようにしよう。


派の人間だったのです。

が、いざ色々な人と接してみると、「察してくれよ」と思うことも出てきました。


ですが元々は、「言ってくれ」派の人間です。

そんな立場から、「言ってくれ」派の主張についてお話します。

(あくまで個人的な意見なので、参考程度にお読みください!)

「言ってくれ」派の不満・主張

では、「言ってくれ」派の不満・主張を、具体例を出してお話します。

例えば、周りの人が何か大変そうなことをしている時に、

「言ってくれ」派
「言ってくれ」派

「手伝って」とか言われてないし、別にほっといていいか



と思ったり、あるいは何も感じない、ということはないでしょうか?



そういう時に、誰かから

組織内の誰か
組織内の誰か

周りの○○さんがやってるんだから、ちょっとは手伝ってあげなよ。

という感じで言われたこと、ないでしょうか。

もしくは、

配偶者とか
配偶者とか

こっちが毎日いろいろやってるのに、ちょっとは手伝うとか考えないの?

とか。


「言ってくれ」派の人からしたら、

「言ってくれ」派
「言ってくれ」派

そんなの、言われないと分かんないよ。

知ったこっちゃないよ。


こんな風に思うと思います。

そりゃそうですよね。

「相手の雰囲気」とか、「その場の空気」とか、そんな曖昧なものを察して手伝うなんて、疲れますよね。

そんなんだったら、「分かるように言ってくれ」と思いますよね。

そして、そういう曖昧なものを察しようとする、無駄に疲れる行動はしたくないから、分かりやすい基準で判断します。

つまり、

「言ってくれ」派
「言ってくれ」派

言われないってことは、手伝わなくていいんだよね?


という考え方になるんです。

「言われないと行動しない」=「言われないんだから行動する必要がない」

「言われなければ行動しない」

この感じは、「察してくれ」派の人からしたら、意味が分からないと思います。

でも、「相手から言われるか言われないか」って、ものすごく分かりやすい判断基準だと思います。

そこで判断して、「言われたら手伝う」、「言われなければ手伝わない」と、行動を決定するなら、間違いのない、確実な方法ですよね。

逆に、

「言ってくれ」派
「言ってくれ」派

言われてないけど、この場の空気からして手伝った方がいいかな。


みたいな判断で行動すると、「余計なことしないで」とか、「今は手伝ってもらわなくていいから」とか言われそうで怖いんですよね。

分かります。

そして手を出してしまうと、面倒なことになる。

ほっといたらほっといたで、面倒なことになる。

だから、「言ってくれ」派の人は、

・手伝ってほしい時に
・手伝ってほしい内容を
・的確に指示してほしい


と思うし、

・言われてないことは
・手出ししないからね


と思っています。



ちなみに、うち(夫婦)の場合、

私が「察してくれ」派(元々は「言ってくれ」派)、夫が「言ってくれ」派です。



ある時、家事負担の偏りについて揉めたことがあったのですが、

夫から、

夫

言われてないことは、手出しする必要がないと思ってるし、

僕自身も、手伝ってもらわなくていいことは、別に言わないよ。



と、言われました。

ここで、「手伝ってもらわなくていいことは、別に言わないよ。」

の言葉がポイントです。

「察してくれ」派の人間でもある私は、夫が何かしている時も、「今手伝った方がいいかな」とか考えてしまいます。

ですが、夫のこの言葉を聞いて、

ミリー
ミリー

ああ、あまり気を遣わなくてもいいのか。

今までどんだけ気を遣ってたんだ私。



と、感じることができて、気が楽になりました。



「察してくれ」派の人は、少しでも「言ってくれ」派の主張が分かるようになると気が楽になるのではないかと思います。
(難しいかもしれませんが)

そのためには、落ち着いて自分の気持ちを話して、相手にも話してもらうこと。

結局これしかない。

※「手伝って」と言われてもやらないのは、論外なので、そういう人は想定していません。

結局は歩み寄らねば

ここまでお読みくださった、「言ってくれ」派の方。

「言ってくれ」派の人
「言ってくれ」派の人

まあ、じゃあ結局のところ、「言われないんだから行動する必要がない」ってことでいいんだよね。

「察してくれ」派の人が気を遣いすぎなんだよ。まったく。


そんな風に思われた方、いますでしょうか?


言い方悪いかもしれませんが、

甘えないでいただきたい。


いくら、「察してくれ」派の人が折れてくれたとしても、「言ってくれ」派の人が指示待ちのままでいいわけではないです。

「言ってくれ」派の人も多少は歩み寄りましょう。


うちだってそうです。

「言われてないことは、手出しする必要がないと思ってる」って言う夫だって、話し合いをしてからは、なんだかんだで、「何か手伝うことある?」などと言ってくれる時があります。

だから円満を保っているのです。

理想は、指示なしでもお互い協力して事を進めていければ、それがいいのです。

相手が自分から動いてくれれば、「自分事として動いてくれてる」というのが目に見えて分かるし、いちいち指示する必要もなくなるんですから。


でも、なかなか理想通りには行きません。

指示なしで何でも動けるほど、お互い完璧人間ではないはずですし。

それで指示待ち状態になってしまう場合は、「指示くれるまでは動かなくていっか」じゃなくって、せめて「何すればいい?」などと、声をかけられるといいですね。

私も、苦手なことをやるにあたって指示待ちになりそうな時は、相手に声をかけるように心がけてます。

もしもあなたが、「言われてないことは、手出しする必要がない。」と思っているとして、それを相手も分かっているとしても、相手だって内心は、「ほっとかれると辛い」かもしれませんよ。


だから、

お互い歩み寄りましょう!!

一方だけが頑張るの、辛い!!

さいごに

今回は、「【言ってくれ】と思う人の主張」をご紹介しました。

あくまで個人的な意見ではありますが。

「言ってくれたら手伝う」わけですから、ある意味扱いやすいっちゃ扱いやすいんですよね。

「言わなければ手伝わない」し、「手伝ってほしくなければ言わない」というスタンスでもあるので、こういう人と接する時は、あまり気を遣わなくて済むんではないかと思います。



また、こういう性質を分かっていれば、「察してくれ」派の人が、「何で察して手伝わないの!」と怒る機会も減ると思います。

相容れない性質だからこそ、お互いのことを知っていって、うまく付き合えればいいですよね。

お互いの主張を知って、歩み寄れるようになるとベストだと思います。


では、今回はここまでです。

お読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました