【生き方模索中】家事や仕事における、「察してくれ」派の主張

スポンサーリンク

こんにちは。

ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます!


Miryと申します。

今回の記事は、こんな感じのことをお伝えする内容です。

・「察してくれ」と思う人の
 不満・主張

・察して行動することを
 相手にも求めてしまうことについて



これ、「察してくれよ」と思う人の気持ちは、「言ってくれよ」と思っている人には伝わりにくいと思います。

逆もまた然り。


家事や仕事の揉め事においては、よくあることだと思います。

「察してくれ」VS「言ってくれ」の対決って、人生の永遠のテーマな気がするのは、私だけでしょうか。

何やかんやで、これが原因の揉め事が多いような。



私は元々、

ミリー
ミリー

言ってくれなきゃ分かんないもんね。

私もちゃんと意見言うようにしよう。


派の人間だったのです。


でも、ある時に「それくらい察してくれ。何で分かんないかなあ。もう。」と、ポリシーと真逆の考え方になってしまったことがあります。


まあ、普通の夫婦喧嘩なんですけど。

自分がなぜ、こんなにブレブレだったのかを考えたり、夫と話したりした結果、どちらの立場の主張もよく分かったんです。

そのため今回は、「家事や仕事」の観点で、その辺りをお伝えしていきたいと思います。



まず今回の記事では、「察してくれ」派から。

「察してくれ」派の人には共感いただけるかと思います。


そして何より、

「察してくれ」派じゃない人
「察してくれ」派じゃない人

「察してくれ」なんて思っているやつの気が知れない・・・


こんな方にお読みいただければ、少しは「気を知る」ことができるのでは、と思います。

ちなみに、「言ってくれ」派の主張については、こちらをご覧ください!


(あくまでミリー家で起きた話なので、参考程度にお読みください!)

「察してくれ」派の不満・主張

では、「察してくれ」派の不満・主張を、具体例を出してお話します。


例えば、自分が大変な思いをして家事や雑務をやっていて、周りや相手が全然手伝ってくれない時、

「察してくれ」派
「察してくれ」派

そこは「手伝おうか?」とか言ったり、一緒にやってくれよ。


と思う人、いると思います。

その時点で、自分が何をやっているかは相手に伝えているという前提で。


で、何をやっているか伝えているにもかかわらず、相手が何もしなかったら、流石に不満だと思います。


「手を動かしてくれない」こともそうですが、「色々やっていることに対して、気にも留めてくれない」ことに対してです。


「察して何か手助けをする」のができないことそのものじゃなくて、

「こちらが色々やっているのに気にも留めない、配慮もない」こと

これが不満なんです!!ここ重要。


そりゃ、察して何かをやってくれて、実際に役に立ったら、もう言うことないですが、それ以前の問題なのであって。

「察してくれ」派
「察してくれ」派

ああ、こっちが色々やってるのに、そんなの気にならないくらい、今私がやっていることはどうでもいいのね。



家のことなど、相手の人にも関わることを「私」が一手にやっているのに、何も気にかけてくれなかったら、そんな風に思ってしまいます。

そこで、「言ってくれ」派の人からしたら、「いや、そんなの思うよりも相手に言っちゃった方が早いだろ」と思うかもしれません。


まあ、確かにそうなんです。言っちゃった方が早いのは分かります。

でも、「察してくれ」派の人からしたら、「家のこととか、相手と私のお互いに関わることなのに、相手は何も気にかけてくれない。」ことの方が、そもそもおかしいわけです。

「察してくれ」派
「察してくれ」派

相手と私のお互いに関わることなのに、何で手伝うとか言ってくれないのかな。

どうでもいいことなのかな。

それっておかしくない?



という感じ。

だから、「相手がおかしいんだ、私は悪くないもん。」という気持ちになり、ますます言わないで不満が溜まっていく、という悪循環。

これは夫婦含む家族間だけでなく、仕事関係等でも同じことが言えるかと思います。


周りを見ていろいろ気が付く人からしたら、

「察してくれ」派
「察してくれ」派

あなたにも関わることをこっちはやってるんですけど。

なんでそんなに無関心でいられるわけ?



って不満を抱くと思います。

結論、こう思うのです。

察してくれない
 =気にかけてくれていないことの表れ
と感じ取って、不満に思う。



とりあえず、「言ってくれ」派の人には、上記の思考回路を理解してくれたら嬉しいなと思います。


「お互いに関わることなのに、気にも留めてくれてないの?それっておかしくない?」という感情が、どうしても絡んでくるものなんです。

転じて、「私自身への気持ちもそんなもんなのね。」とこじらせてしまうこともあります。

よく、

なんですぐ不機嫌になるんだ・・・。

とか世間で言われたりしますが、背景にこういう思考回路があると、不機嫌になるのも当然ですね。

いきなりすぐ不機嫌になるんじゃないんですよ。

面倒なやつだと思うかもしれませんが、不機嫌になるのだって、ちゃんと段階があるんです。

察して行動することを相手にも求めると疲れる

「こっちは、あなたに関わることまでやってるのに、何で察して、気遣って、声をかけたり手伝ったりしてくれないの?なんでそんなに無関心なの?あなたにも関わることなんだからそれくらいするのが普通でしょ!?」


「察してくれ」派の人は、こういう不満が生まれるわけです。


これって、相手にも、「察して行動してくれ」と期待してしまうから、不満が出てきて疲れるのだなあと思います。



そりゃもちろん、「○○やって」って言う前にやってくれたら助かりますし、思いやりを感じられて嬉しいです。これが理想だと思います。

でも、当然ながら、相手は自分の思い通りには動いてくれない。


「察してくれ」の考え方と無縁の人からしたら、「は?なにそれ、めんどくさ。」ってなると思います。


なのに、相手にも理想の形を実現してほしいと期待してしまうから、不満も疲れも出てくるということだと思います。


「相手は自分の思い通りには動いてくれないのが当たり前」、としっかり認識した上で、相手に期待しすぎず、やってほしいことは言葉で伝えれば

「察して動いてくれよ、それぐらい普通でしょうよ。」という不満や疲れが、だいぶ減ると思います。



さらにプラスアルファで、「お互いに察して気遣える」という状況を実現したいなら、相手にちょっとずつ要望を伝えていくのもいいと思います。



因みにうちの場合、基本的に家事は分担していますが、ものによってはどちらかに偏る時があります。

それで揉めたことがあるんですが、

夫

無関心なわけではないよ。

手伝ってって言われないってことは、手出しする必要がないと思ってるだけ。

逆に自分は、手伝ってほしい時は手伝ってって言うし、必要ない場合は言わないから。



と言われたので、「なんでそんなに無関心なの?」という不満は解消されました。

一瞬そんな不満がよぎっても、

ミリー
ミリー

いやいや、別に無関心で手伝わないわけじゃないもんね。


と、一旦感情を整理して、「これ手伝って」と伝えることで、不満を溜めずに過ごせています。

思い切って話し合いをしてよかったなと思います。



その話し合いの時に分かった、「言ってくれ」派の主張や、もともと「言ってくれ」派一択だった私の考えは、次の記事でお伝えしていきます!

さいごに

今回は、「【察してくれ】と思う人の主張」をご紹介しました。

(ミリー家の話ですが。)

お互いに気遣いができて、先回りして手伝いができるといいですが、なかなかそうもいきませんよね。

自分自身だって、常にうまく先回りして行動できているかと言われたら、多分できてないです。


だから、

「相手は自分の思い通りにはならない」
 ことを念頭に置いて、
②相手に期待しすぎずに、
③やってほしいことを言葉で伝える


という3つのポイントが大事だと思います。


では、今回はここまでです。

お読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました