宗教っぽいものに勧誘された話(ちゃんと逃げました)

スポンサーリンク

こんにちは。

ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます!

Miryです。



今回のお話は、モヤっとしたエピソードです。

「宗教っぽいものに勧誘されそうになった話」


最初は全然、そんなそぶりもなく近づいてきて(みんなそうか)、後からじわじわ怪しさが出てくるっていうね。

大学1年生の時、友人と一緒に、そんな体験をしたんです。



ほんとにね、

学生のわくわくと、交通費と、時間を返せー!!!

ただの学校案内

友達のYちゃんと、授業終わりに大学構内を歩いていた時のこと、ある女性に声をかけられました。

女性
女性

あのう、心理学部の研究棟はどこでしょうか?

見学をしたくて・・・。


一般の方でも、大学を見学されるということはよくあるので、そのまま道案内をしました。

その道案内中の会話。

女性
女性

お2人は、何を専攻されてるんですか?


ミリー
ミリー

2人とも心理学部なんですよ〜。


女性
女性

そうなんですか!どういう分野の?


てな感じで、心理学の話題に花が咲いてましたが、道案内終了に伴い、バイバイしたんです。


その1週間後の同じ時間。

同じような場所で、Yちゃんと歩いていたら、またあの女性が。

Yちゃん
Yちゃん

わー!またお会いしましたね!


女性
女性

この前はありがとうございました!

あの、今日は学食について聞きたいんだけど・・・。


ミリー
ミリー

はい!ここの学食、オムライスが美味しいんですよ〜。


お昼時だったので、そのまま学食でご飯を食べることになりましたとさ。

色彩心理のワークショップ?面白そう!

学食で話を聞いていると、その女性はどうやら、「色彩心理」を使ったカウンセリングのお仕事をしているとのこと。

色が人間の心理に与える印象や影響を使って、カウンセリングをしていくものです。


Yちゃんも私も、心理学部の学生ですし、絵にも興味がある人間なので、この女性の話にはすごく興味を持ちました。

話も合いますし、いいお友達になれそうだとも思ったんです。



そして。

女性
女性

色彩心理カウンセリングのワークショップをやってるんだけど、よかったらどうですか?


ミリー
ミリー

楽しそう!参加してみたいです!

Yちゃん
Yちゃん

いつやってるんですか?


そんなこんなで、私たち2人とも、ワークショップに参加してみることにしました。

しかし、2人の予定がなかなか合わせられなかったため、それぞれ1人で、別の日に参加することにしました。


いやあ。

面白い人、面白い分野に出会えました。

なんて、思ってたんですよね、

そ の 時 は 。

ワークショップに行ってみたら・・・

さて、指定の日時になったので、指定の場所に向かいました。

行ってみましたが、どうやらその女性の自宅みたいなんですよ。


ミリー
ミリー

「ワークショップ」って、人の家でやるもんなのか?

超こじんまりとしたやつなのかなあ。


恐る恐る入ってみましたが、そこにいたのは、その女性1人だけ。

他の参加者はおらず、私だけとのことでした。


ミリー
ミリー

まあ、日程が合わなくて、私1人ってこともあり得るか。


そんな感じで、色彩心理カウンセリングのワークショップが始まりました。



・・・いや、始まりませんでした。

その女性は、私にキリスト教の聖書を渡してきたんです。


ミリー
ミリー

ん?聖書?


あんまり細かいことは覚えてないのですが、聖書に書かれている内容を説いてきました。

内容自体は理解できたんですよ、確か。

一応、受験勉強で倫理の学習もしてましたし、人生に通ずる名言集みたいなところもありますしね。


だから、聖書を読むこと自体はいいんです。


でも、問題なのは、

女性
女性

色彩心理カウンセリングのワークショップをしてるんだけど・・・


なんて言われて参加したのに、全然そういうことをしてないっていう点。


よく分からない時間が1時間ほど続き、よく分からないままそのワークショップ(?)は終わりました。

女性
女性

興味があったら、この次も参加してみてね。


ミリー
ミリー

ああ、参加することになったら連絡させていただきますね・・・。

(絶対連絡するもんか。)



何だか、よく分からない、怪しい世界に足を踏み入れてしまったのかも・・・。

「色彩心理のカウンセリング」なんて、超面白そうだったのに。


無駄に疲れながら、家に帰りました。

Yちゃんの場合

Yちゃんも参加したというので、お互いどうだったのか話し合うことにしました。

やっぱりYちゃんも同じように、聖書を読み説かれるという時間を過ごしたようで。


さらにYちゃんの場合は、話の流れで彼氏のことを話したそうです。

すると・・・、



女性
女性

その彼氏と別れた方が良いわね。

あなた、幸せになれないですよ。


と言われたそうです。

別に、彼氏の愚痴を話したわけでもないのに、そんなことを言われてしまったらしいので、「なんかヤバそうな人だ」と思ったそうです。


2人して、「せっかく勉強の幅が広がると思ったのにねえ・・・。」と、がっかりしておりました・・・。



あの人、ほんとは何が目的だったんだろう・・・。

やっぱり、何かしらの勧誘だったのかなあ。

さいごに

コロナ禍の今、今回のお話のように直接誘われるなんてことはないと思います。


でも、SNSでこういうことが起こらないとも限らないですよね。

SNSで誘ってくるやつなんて、どうせ怪しいんだから、ちゃんと警戒してるよ。


とか思ってても、引っかかる時は引っかかると思います。

内容的に面白そうなことなら特に。

気をつけましょうね、色々と。
(私も含め。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました