「周りの目が気になって辞めづらい」っていう理由で我慢して続けていると後悔する話

スポンサーリンク

こんにちは。

ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます!

いじめられ体質から少しでも楽になるために、毎日のように考察している、Miryと申します。




さて、今回の記事では、

「属してる組織の環境が嫌なのに、辞めづらくてずるずる居続けていた結果、後悔した話」

をお伝えします。



この記事の対象となる方は、以下のような方です。

・今属している組織の環境
 (特に人間関係)に
 不満がある人

・仕事や部活や学校などの
 環境が嫌すぎるけど、
 辞めづらくて苦しんでる人


こういう方です。今お読みになってる方は当てはまってますかね?

それでは、私の後悔話を聞いてください・・・!

同時に2種類のいじめを受けました

後悔話をする前に、当時の状況がどんな感じだったか、改めて説明します。



私は小学校4年生~6年生の間に、2種類のいじめを受けていました。

1つは、転校生からの毎日の嫌がらせが蓄積していくいじめ。



もう1つは、下級生からの「不定期にハブられる」いじめ。


この2種類のいじめがあるから、学校に行くのも嫌だったのに、もう1か所、学校以外にこのいじめを受けざるを得ない場所がありました。



それが、

「バドミントンの会」

(※正式名称は全然違うものだしあんまり覚えてない。)


昔バドミントンの先生をしていたおじさんが、子供たちにバドミントンを教えるというもので、毎週土曜の午前中に開催されるものでした。

(たまに大人も交じってたけど)



小学校4年生あたりの時に、「他の女子がみんな入ってるから」という理由で、親に、半ば強制的に入らされたんです。

私自身も「他の子が入ってて自分だけ入ってないのはまずいかな。」と思い、従った記憶があります。


別に当時バドミントンをやりたかったわけでもなければ、球技系スポーツは苦手なので、(これは先天性の目の障害もあるんですが、)そもそも入らなけりゃよかった話なんですがね。

目の障害の話について気になる方は、こちらをお読みください。


今思えば、その時点で周りの目(親とか他の女子とか)を気にしてしまってたんですよね・・・。


下級生の女子も初めから入っていましたし、転校生も入ってきました。

だから、学校でのいじめにプラスで、毎週土曜は、バドミントンの会でも、いじめられるようになったんです。

辞めたかったのに、周りの目を気にして辞められなかった

バドミントンそのものは苦手なのに、周りの目を気にして、バドミントンの会に入ってしまいました。


入る時に周りの目を気にしていた人間が、

「やっぱ嫌だから辞める!!」


・・・なんて、なかなか言えないと思います。

そんな主張ができるくらいなら、多分初めから入会してないです。



苦手だから、積極的にシャトルをとりに行くのも難しいし、ルールもなかなか頭に入らない。


ダブルスだと、ミスしてペアの子に怒鳴られたり、陰口を言われる。

(主に、Zちゃんと転校生からですけど。)


だから、もっと苦手になる。

苦手になるともっとミスをしたりする。


の、負のスパイラルでした。



結局、学校で受けるいじめと同じように、ひたすら我慢を重ねて、6年生の途中で辞めました。



辞められた理由は、

「親に、ちゃんと【辞めたい】と言えたから」

ではなく、

「外反母趾が悪化したということにしたから」

でした。



足の形だけ見ると悪化しているように見えましたが、実際のところ、そこまで痛かったわけでもなかったので、親や周りの子に嘘をついてしまいました。


親に、「足痛いから辞めたい」という理由を伝えた後、「バドミントンの会そのものが嫌だから、足のこともあるし辞めたい」とは言いました。

ですが、結局、外反母趾の口実がなければ、小学校卒業までずるずると我慢し続けていたと思います。

もっと早くに辞めたらよかった

やってることも、その環境も嫌って、いいことなんて何にもないんです。


周りの目を気にして続けてても、別にいじめがなくなる訳でもないし。

ただ辛いだけ。



思い切って辞めたらよかったんですよ。自分。

それがないと生きていけない、とかじゃないんだし。



それでその空いた時間で、自分が本当に好きなことをやれば良かったんです。

大人になって振り返ってみても、

「辛かったけど、○○に限っては役に立ったな。」

と思うことなんて1つもなかったです。



「自分に何もいいことがないのに、辞めづらいから続けてる。」

なんて、時間がもったいないだけ。


私のケース以外のことでも、同じことが言えると思うんです。

不満があっても、一方で利になることがあれば、続けてもいいと思いますよ?

でも、何にも利がないのに、「辞めづらいから続けてる」っていう場合は、「辞めづらい」その状態をどうにかすることに頑張った方がいいのでは、と思います。

その「頑張り」が大変になるのは分かりますけども!!


仕事なら、「周りの負担になるから辞めづらい」、「周りの人になんて思われるか」という心理的ストッパーがかかることもあるかもしれません。


でも、今一度、「離れられた時のことを想像」してみて欲しいです。



それで

「周りからの視線と、離れることを天秤にかけたら、離れた方がいい。」

という答えが出たのなら、自分で引継書をしっかり作るなり、なるべく周りの負担を減らすような行動を取ればいいんです。

(もっとも、「そんな気遣いしたくないほど今の会社を憎んでる」という場合は、スパッと辞めればいいと思います。)


恋愛、友情問わず、人間関係なども同じです。

一緒にいて楽しくない、利がないなら、離れるという選択肢もありだと思います。


「普段は酷いけど、一時的には優しいから、恋人から離れられない」

などの、心理的ストッパーがある方もいると思いますが、一度「離れられた時のことを想像」してみて下さい。

「離れたことによって一時的な優しさがなくなる」ことと、「離れた方が恋人の機嫌を気にしなくていい」を天秤にかけてみてください。



「性格が悪い友達と離れたら自分の立場が危うい」

という心理的ストッパーがあって、良くない友達と離れにくい場合も、離れた時のことを想像してみてください。

「自分の立場が危うくなる」ことと、「性格が悪い友達と一緒に居なくて楽」を天秤にかけてみてください。


もちろん、上記の例は私が想定したものなので、色んな前提条件が足りてないかと思います。

それに、環境を変えるために色々頑張るのって大変ですし、その「頑張り」を実行するためのエネルギーさえ残ってない場合もあるかもしれません。

そういう場合は、「助けを求める」ことに頑張ってみるのも、1つの手だと思います。



そんなわけで、「自分に利がないのに辞めづらい、切りづらい」という状況では、

・「辞めた」、「切った」ことを
 想像して
・「このまま続けた場合の状況」と
 天秤にかけて、


改めて考えてみてほしいのです。

それで辞めた方がいい場合には、

「どうすれば、辞めづらい状況を回避できるか」

を考えて、どうにか実行してみましょう。



画期的な方法でもなんでもないですが、これが、私の後悔経験から、皆さんに発信できることです。

さいごに

今回は、

「属してる組織の環境が嫌なのに、辞めづらくてずるずる居続けていた結果、後悔した話」

をご紹介しました。



今、ずるずると嫌な環境に居続けて辛い状況の方は、私の後悔話を聞いて、この先のことを改めて考えてみていただければと思います。



この先も、人間関係の悩みや処世術についてお話していきますので、次も気になる方は、読んでいただけますと嬉しいです。


また、この記事が役に立ちそうな人が周りにいたら、是非とも進めてみてほしいです!

では、本日はここまでです。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました