いじめによって会話ができなくなった話

スポンサーリンク

こんにちは。

ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます!

いじめられ体質から少しでも楽になるために、毎日のように考察している、Miryと申します。



今回は、原因がわからないまま、学校の半分以上の生徒と会話が出来なくなったお話をご紹介します。



当時、「会話ができない」ことの苦しさももちろんですが、「原因がわからない」ことが苦しかった覚えがあります。

でも、今なら原因は分かります。当時も原因が思い当たっていれば、多少苦しさが軽減されたかもしれません。



さて、今回の記事では、次のようなことをお伝えします。

・中学で会話ができなかった

・いじめられた原因を今考える
 (当時は分からなかった)

・いじめられたのは私が悪いのか?



この記事の対象となる方は、以下のような方です。

・原因が思い当たらず
 いじめを受けている人

こういう方です。

今お読みになってる方は当てはまってますかね?



それでは、色々とお話ししていきます。

会話ができない状態とは

私の場合、「会話ができない」とはどんな状態かというと、「声が出ない」とかそういう訳ではありません。



私を無視する子、ありもしない謎の悪口やあだ名を付ける子が多く、その子達と会話ができなくなったのです。


下級生(1年生)は、5人中3人と話せませんでした。

この3人には、「Zちゃん」も含まれています。

Zちゃんにいじめられた話はこちらです…。


残り2人のうち1人はそこそこ仲が良く、あとの1人は可も不可もない感じの距離感でした。



同級生(2年生)は、4人中3人と話せませんでした。

あとの1人は私です。



上級生(3年生)は、11人中6人と話せませんでした。

残り5人のうち3人は仲が良かったですが、修学旅行の班決めでごたごたしてからは微妙な心持ちで接していました。

あとの2人は可も不可もない感じの距離感でした。




まとめると、自分を除いて19人のうち、12人と話せなかったのです。

12人から、日々いわれのない悪口を言われたり、無視されて、会話ができなくなっていました。




特に、1学年4人クラスで自分だけ話せないって、辛い上に不便でした。

先生もその光景を見てるのに、気づいてなかったのか、気づいてないふりをしていたのか…。

いじめられた原因

今思い当たる、一番の原因は、

絵を描きまくっていたから

だったのかなと思います。



とはいえ、絵は小学校の頃から描いていました。

小学校の時は、主に下級生女子が「これかいてー」「あれかいてー」と、わらわら集まってきて、自分で言うのもアレですが、割と人気だったんです。



中1になって下級生がいない時は、頻度も少し減っていましたが、当時私の絵が好きだった子が、1年後に入学してくると、やはりその子の依頼を受けては描き、受けては描き、という生活でした。

唯一仲の良かった下級生です。



その子と漫画や絵のことで話したり、絵を描くことそのものは、とても楽しかったんです。

が、別にその辺に興味がない大多数の子は、「毎日絵を描きまくってる」私を、「異質」、「暗いやつ」と思うようになったのかもしれません。



それでいじめられるようになって、こちらも反撃する強さをもちあわせていないから、縮こまる。

するといじめはどんどんエスカレート。

私はどんどん絵にのめり込んでいく、という生活が続きました。

私が悪いのか?

いじめの原因としては、「絵を描きまくっていたこと」があげられるのですが、だからって私が悪いのだとは思いません。

別に仲良くして欲しいわけじゃないし、普通に、今まで通り、必要な会話だけできれば良かっただけなのに。



ちょっと変だからって、いじめていいわけじゃないと思います。

逆に、「あいつちょっと変」から「よしいじめてやろう」とか、「ちょっと無視しちゃえ」とか、そういう思考になってしまう人は、正直意味が分からない。



何かの被害にあって仕返ししてやりたい、ということで相手に何かするのなら、まだ分かります。

でも私の場合は、むしろ関わりもないのに、いじめられました。

だから当時は余計に、いじめられている理由が分からず苦しんでいました。



でも、その時原因が分かっていたら、

「だからなんだ。それでいじめてくる意味が分からない。」

と、少しは堂々としやすいのではないかと思います。

というか、自分がだれかに被害を負わせたわけでもないのにいじめられているんだったら、そんなの無視して堂々としてていいんです。

きっと今ならそうするかなと思います。

さいごに

今回は、「中学で会話ができなくなった」お話をご紹介しました。

いじめられていた当時は、いじめられていた原因が分からず、苦しんでいましたが、当時その原因に思い当たるところがあれば、「それはいじめられる理由にはならない」という思いで、少しは堂々としやすいと思います。

むしろ、「ちょっと変」とかいう理由で、人をいじめていいわけないのですから、堂々としていればいいんです。



いじめられている時は、辛くて委縮して、自己肯定感がどん底あたりだと思うので、なかなか堂々としにくいと思いますが、少しでもそういう方向にメンタルを持っていけるように、この記事を書きました。

この記事が役に立ちそうな人が周りにいたら、是非とも進めてみてほしいです!

では、本日はここまで!

お読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました