【ひたすら笑いたい時におすすめ!】これまでの人生でハマったギャグマンガ5選

スポンサーリンク

こんにちは。Miryです。

推しを語ります。



私、少女マンガ系よりもギャグマンガの方が、結構好きなんですよ(笑)

今回は、中でも長らく読んでいる、ギャグマンガを5つピックアップしました!



どれも、ひたすら笑いたい時におすすめの作品たちですよ〜!

荒川アンダーザブリッジ

1つ目の作品は、「荒川アンダーザブリッジ」です!

中村光先生の作品で、マンガだけでなく、アニメや実写ドラマ/映画にまで展開されています。

公式で、アニメ第1話が特別公開されちゃってますよ!!

【公式】荒川アンダー ザ ブリッジ 第1話「1 BRIDGE」【特別公開】



なんと言っても面白いのは、出てくる人達ほとんどが「電波さん」ということ!

どこまでも変人

カオス

ぶっ飛んだ人達ばかりです(笑)



例えば、金星人、河童、星、シスター(男)、蜂、オウム、侍、怒るとすぐ巨大化する女児、白線渡りおじさん…。

※みんなもれなく、人の形をしています。



そんなやばい人たちが住む、荒川河川敷に、ひょんなことから足を踏み入れて(落ちて)しまった主人公、市ノ宮行

何やかんやあって、金星人にを教えるため、荒川河川敷に住むことになります。



一企業の社長なのに。



主人公のツッコミが止まらない、変人ばかりのギャグマンガです(笑)



マンガはこちら!



アニメはこちら!



実写版はこちら!

(※原作から大分設定が離れてますが。)



中村工房

2つ目にご紹介するのは、「中村工房」です!

これは、先ほどの「荒川アンダーザブリッジ」の作者である、中村光先生の作品なのです。

色んなキャラクターが出てくるギャグ短編集といったところでしょうか。



相変わらず意味の分からないキャラクターが沢山出てきます!(笑)

中には、「荒川アンダーザブリッジ」に出てくるキャラクターの前身も。

河童とか、星とか、ピーマンとか、白線渡りおじさんとか…。



荒川アンダーザブリッジを知らなくても、その独特なキャラクターたちが織り成すギャグ短編集として楽しめます!

その上、荒川アンダーザブリッジを知っていると尚、「あのキャラは元々こんなキャラだったんだ!」という発見も楽しめます!



俺様ティーチャー

3つ目にご紹介するのは、「俺様ティーチャー」です!



マンガと、雑誌付録でドラマCDにまで展開された、椿いづみ先生の作品ですね。



タイトルだけ読むと、キラッキラな少女マンガをイメージされるんじゃないかと思います。

で、確かに少女マンガの部類ですし、ストーリーが進めば、シリアス展開だってあります。

が、それ以上に、ギャグ要素多めの少女マンガなんです!

登場人物のほとんどが不良なのに!


まず、主人公の黒崎真冬アホ(笑)

自分が不良高校の番長なのに、それに気づかないほど、アホというか天然というか。

ほんとに不良か?

と疑いたくなるほど。



そして、準主役レベルの人たちもアホだったりピュアだったり、バカ正直だったり、忍者だったり、まあとにかく不良とは違う方向でクセがすごい(笑)

君たちほんとに不良なの???



と、つい思っちゃうところに、ケンカシーンで「不良らしさ」を見せられると…?

そのギャップに惹き込まれて、シリアス展開が挟まれ、どんどん読み進めたくなります!



月刊少女野崎くん

4つ目にご紹介するのは、「月刊少女野崎くん」です!



こちらも、椿いづみ先生の作品ですね。

マンガからアニメ、ドラマCDにも展開されています!



これは、

少女マンガ家の男子高校生

が、主人公なんです。



設定が中々の変化球じゃないですか?(笑)



そんな、「少女マンガ家」な男子高校生の野崎くんと、野崎くんに告ったのにマンガのアシスタントをすることになった佐倉千代ちゃんの、

ラブコメ



というより、コメディ多めの四コマギャグマンガです(笑)

どこまでも、ギャグマンガですね。



みんながみんな、何かに夢中な性格をしているので、周りが見えなくなっている結果、「すれ違いコント」のような展開になるんです(笑)



比較的サクサク読めちゃう4コママンガなので、テンポよく展開していくところも、面白さの1つかもしれません!



アニメはこちら!



鬼灯の冷徹

最後にご紹介するのは、「鬼灯の冷徹」です!

こちらは、江口夏実先生の作品ですね。



なんと!

アニメ第1話が【期間限定】で公開されています!!

(いつまで公開してるのか分からなかったから誰か教えて欲しい)

【公式】鬼灯の冷徹 第1話「地獄大一番/地獄不思議発見」【期間限定公開】


タイトルの雰囲気からして、「ホラー系アクションマンガ」を想像しそうですが…。

(私はそうでした。)



実際は、「地獄」のお仕事現場で巻き起こる、ドタバタを面白おかしく描いた、ギャグマンガでしたとさっ!



閻魔様の補佐官を務める鬼灯様(威厳9割)と、閻魔様(威厳0割)と、地獄で働く色々なキャラクターの、日常を覗き見するような感じ。



ちなみに、地獄だけでなく天国も出てきますし、西洋地獄も出てきたりします。



それに、何しろ死後に行くあの世が舞台ですから、歴史上の偉人、昔話のキャラクター、妖怪、お化け、神様など、その界隈のキャラクターたちがたくさん出てきます!



そのキャラクターたちにまつわる伝承や史実もからめて、面白おかしく話が進んでいくところがまた、面白ポイント!

なので、その界隈が好きな人にもおすすめできる作品です!



アニメはこちら!



まとめ:こんだけ変人だらけならそりゃ笑うわ

今回は、おすすめのギャグマンガを5つ、ご紹介しました。

どれもジャンルが少しずつ違いますが、共通して言えるのは、「つい笑っちゃう」作品ということ!!

こんな面白い作品を生み出してくれる作家さん方には、本当に感謝です。



今回初めて作品を知った人も、表紙やパッケージだけ見てスルーしてた人も、試しに1巻だけ読んだり視聴したりしてみてはいかがでしょうか?



カオスで変で濃ゆーいキャラクターたちが、あなたを待っています(笑)



それでは、今回はここまでです!

お読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました