【いじめへの対処法】事例紹介【転校生にいじめられる話①】

スポンサーリンク

こんにちは。
ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます!

いじめられ体質から少しでも楽になるために、毎日のように考察している、Miryと申します。



さて、今回の記事の対象となる方は、
(というか、今後更新していく記事全体に言えますが)

・大人、子供問わず、
 いじめから楽になりたい人

・いじめられた経験があったけど、
 当時はただ耐えていただけで、
 次同じようなことが起きた時のために
 対処法を知っておきたい人


こういう方です。今お読みになってる方は当てはまってますかね?


この記事では、「なるべく省エネでいじめから楽になる方法」を、私の事例とともに解説していきます。

具体的な方法はこの次の記事なので、今回は事例をわかっていただくための記事となります。


学校・地元は狭ーーーーーい環境

私の地元はめっちゃくちゃ田舎です。

見出しに伸ばし棒を5つつけたくなるほど、それはそれは狭-----い環境です。

具体的には、

・1学年1桁人数
・小学校の全校生徒が40人前後
・保育園・小学校・中学校は1つずつ
・コンビニや電車の駅に行くにも、
 車で30分程度かかる


とにかく田舎エピソードには事欠かない環境です。

(フリー素材持ってきましたが、割とほんとにこんな感じです。
「ポツ〇と一軒家」に同じ町内のある地区が出てたレベルです。)


それだけ狭い世界なんです。

仲良しならいいですが、仲悪いと逃げ場がないんです。ほんとに!


ちなみに私の学年は、計4人。男子3人と、女子1人(私)

少ないですよねえ。


転校生が来た!

小学3年生の冬休み明けのことです。

そんなド田舎の小さな小学校に、1人の女子が転校してきました。


なんと、待望の女子です!!!

保育園の時に、仲の良かった女子が引っ越してしまってからは寂しく女子1人だったので、ものすごくうれしかったんです。



これで、男子3人と、女子2人。

最初はよかったんです。普通に仲良くなれそうな感じだった。


でも、そのうちちょっと怪しくなってきたんです。

辛いいやがらせの数々

「待望の女子!!」

と喜んでいたのもつかの間、その後は、たくさんたくさん、いやがらせされてきました。


私個人の考え方ですが、

小さな1つ1つのいやがらせが積み重なって「いじめ」になると思っているので、

ここでは個々の嫌なことを「いやがらせ」と表現しています。



そいつの方が私より、ちょっと足が速いということもあり、私の物を取っては走って色んなところに隠していく、なんてことは日常茶飯事。


…って、文字に起こすとなんか凄い仲良さそうだな。

でも、女子トイレに隠されることも多く、当時はとても辛かったです。

ていうか、これは今やられたとしても辛い。



お気に入りのマフラーを、学校の向かいの山の中に隠されたこともありました。

いきなりなんの脈絡もなく、「バーカ」などと言われたり、「その服似合わない」など、

塵も積もれば山となる感じの暴言もほぼ毎日でした。



それに、また別の記事に書く予定ですが、そいつが厄介な上級生、下級生ともつるんでいたため、

その厄介な子たちとのダブルパンチもなかなかのものでした。



で、そいつが「1クラス40人の中の1人」ならまだいいんです。

問題は、そいつが「1クラス(学年)5人のうちの1人」だということ。

田舎の悪いところ。



ついでに、残り3人の男子と、私の関係はというと、「仲悪くもないけどそんなに良い訳でもない」感じでした。
(中学に上がると最悪になります。)

だから、学年内に味方はいなかったんです。そのことが余計辛かった…。


いじめへの私の対応

辛かった状況の中、私はどう過ごしていたでしょうか?

答えは、「ただただ耐える」です。

言い返せるほど強くもなく、流せるほどの強さもなく、辛い思いをしながら、ただただ耐えていました。

まあだから、4~6年生の間は、ストレスなんて溜まる一方です。



辛すぎて、そいつのことを「いなくなれ」と思いすぎて、そいつが風邪で学校休む夢を見たくらいです。

そんで、正夢になった日が1日だけありました(笑)



辛かったので、小学校卒業前に、親に「私の小学校生活、後半は0点だったよ。」と言ったこともあります。

親は結構悲しんでました。

生まれて10年足らずの、狭-----い環境で生きてきた、いじめられ体質の人間には、「ただただ耐える」という対応策しか思いつかなかったんです。

大人になった今ならどう対処する?

さて、大人になってから、同じような環境で同じようなことをされたら、どう対処するでしょうか。



大きくは、

・身を置く環境を変える
・自分の考え方や受け止め方を変える


という対処になると思います。



ここで大事なのは、

相手の行動を変えようとは思わないこと


だって、人の行動を変えようとするのって、エネルギーいるから!

今だってできればやりたくない…。注意するとか言い返すとか、ね。

大人も子供も、「人の行動を変える」行動をストレスフリーでやってのけちゃう人は少ないのではないでしょうか。

ここ読んでる人はきっと、そういうの嫌な人だと思います。



だから、

・身を置く環境を変える
・自分の考え方や受け止め方を変える


この2点のどちらかか、どっちも、ということになると思います。


さて、長くなるので今回はここまでです。

さいごに

今回は、私が転校生に初めていじめられた時の事例紹介と、ざっくりした対処法2点を紹介しました。


この2点の対処法について、次回の記事で具体的な方法をお話していきます。


次回の記事

「【いじめへの対処法】環境を変えるか考え方を変えるか【転校生にいじめられる話②】」は

こちら!





また、この記事が役に立ちそうな人が周りにいたら、是非とも勧めてみてほしいです!

もしもその人のいじめの悩みを少しでも軽減できるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

では、本日はここまで!ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました