【マイナー管楽器の語り】ファゴットあるある

スポンサーリンク

こんにちは。

ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます!

Miryです。


突然ですが、私は楽器を演奏するのが好きです。



ピアノと、ファゴットです。

この話を周りにすると、

ファ、ファボ・・・?

え、なんて?


と、言われることが多いです。



こんなのはもう慣れっこです(笑)

こういう名前の、木管吹奏楽器があるんですよ。



もしくは、ファゴットをある程度知っている人からは、

おお〜、レアじゃん。


と、言われることが多いです。



これはちょっとだけ、「どやあ。」ってなりますね、謎に。



そんなわけで今回は、

ファゴットあるある

をお話していきたいと思います。



もちろん、楽器の話をするからには、楽器の魅力そのものもお伝えしていきます!



ファゴットをある程度知っている人からしたら、クスリと笑える内容になるかと思います(笑)

逆に、ファゴットを知らなかった人からしたら、「ふーん、こんな楽器もあるんだー。」という内容になるかと思います。



あわよくば、ファゴットの魅力を分かってもらえれば幸いです。

楽器名を聞き返される

この子が私のファゴットです。



こちらは、フェルトで作ったファゴットです。



文字起こしすると分かってもらえますが、口頭で「ファゴット」と言っても伝わりません。

ちなみに、「ファゴット(fagott)」はドイツ語です。



冒頭でお話したように、「ふぁぼ・・・?」とか言われます。

だから、検索して見せるまでがセットです。



英語で「バスーン(bassoon)」と言ったところで、どちらにしろマイナー楽器なので、伝わらないですねえ(笑)

音の説明をしても納得されない

何しろマイナー寄りの楽器ですから、

ミリー
ミリー

木でできた吹く楽器で、低音~中低音あたりを担当してるんだよ。


と言っても、「ああ、あの楽器ね!」とはなりません(笑)



なんなら、音を聞かせたところで、やっぱり「ああ、聞いたことある!」

となることは少ないです。



ちなみに、こんな音をしています。

綺麗でしょ。

シチリアーノ/フォーレ  ファゴットソロ ファゴット教室・アルル音楽教室講師コンサート ファゴット演奏小林道子 ピアノ八杉友里江


実は日常で耳にしているはずなのに気づかれない

実は意外と、日常的に聞く機会の多いファゴットですが、なかなか気付かれない。

やっぱり何といってもマイナー楽器ですから。



「ちびまる子ちゃん」や「ドラえもん」などの、国民的アニメのBGMに使われていたり。

ディズニー映画「ファンタジア」の「魔法使いの弟子」には、おいしいおいしいファゴットソロ(ソリ)まで!

私もこれ吹いたことあります。めっちゃ緊張しました(笑)

2:43~と、7:38~です。

魔法使いの弟子


ジブリ映画にもたくさん使われています。

「魔女の宅急便」とか。



Jポップにだって。

例えば、やくしまるえつこさんの、「ルル」

0:26~からいます。

やくしまるえつこ『ルル』(short ver.)/ Etsuko Yakushimaru – "LULU"


SEKAI NO OWARIさんの、「hey ho」

イントロからいますね。

SEKAI NO OWARI「Hey Ho」


公式YouTubeにはないですが、椎名林檎さんの「マ・シェリ」にも使われています。



その他、テレビCMなどでもちょくちょく耳にします。

でも、「この音」=「ファゴットの音」とは思われないんですよねえ。

素朴で綺麗な音なんだけどなあ。

指揮者にスルーされる

よく、指揮者にスルーされます。

指揮者
指揮者

じゃあ、5小節目から、(トロン)ボーン、ユーフォ(ニアム)でやってみて。


ミリー
ミリー

あれ、ここって・・・。


~演奏中~

~演奏ストップ~


ミリー
ミリー

あの、そこファゴットもあります。

こういうことが結構あります(笑)

ついでに、バスクラリネット辺りも、よく忘れられます。

指揮者もスコア(全パート分の楽譜が載っている楽譜)を逐一見ずに、聞こえている音で判断することがあるので、聞こえていない楽器たちは、よく忘れられるのです。

聞こえてないからミスがばれにくい

聞こえていないことのいい所は、ミスがばれにくいところです(笑)

何なら、大勢で吹いていると、自分で自分の音が聞こえなくなる時もあります。

ばれないのをいいことに、本来は伴奏なのにもかかわらず、こっそりメロディを吹いていたこともあります。

※もちろん本番ではちゃんとやります。

木管低音で吹くように言われるとドキッとする

そこそこの人数で吹いている部分で、たまに「木管低音で吹いて」と言われることがあります。



木管低音という括りだと、大体、ファゴット、バスクラリネット、バリトンサックスくらいです。

各楽器1,2人くらいなので、木管低音でまとまって吹いても多くて6人くらいなんで。



多くて6人くらいで、ユニゾン(同じ音を吹くこと)で吹くと、ミスった時により目立ちます。

音程のずれなども目立ちやすいのです。



だから、「木管低音で」なんて言われるとドキッとしてしまいます(笑)

孤独

先ほど、「木管低音は各楽器1,2人くらい」と言いました。

学校の部活の場合でも、学外の団体でも同じようなもので、楽団全体で50人くらいいても、ファゴットは1人か2人。



バランスの観点でも、ファゴット人口の面から考えても、大体このくらいの比率です。

学校なら、先輩も後輩もいないなんてのはザラです。

なので、先輩からあまり教わることなく、独学という人も比較的多いのではないでしょうか(笑)



だから、孤独!!

逆に、孤独でもいい、孤独を愛する人に向いてるのかもしれません。

しかも、木管低音の中でも、「バリトンサックス」はサックスパート、「バスクラリネット」はクラリネットパートに属するため、そうなると8人くらいの大所帯になります。

が、ファゴットはそういうパートが無いか、もしくはダブルリード(※)パートにくくられることが多いです。

※吹き口(リード)が、2枚の木の板でできているので、「ダブル」な「リード」なのです。

クラリネットやサックスは、1枚の木の板なので、「シングルリード」、

フルートはリードがないので「エアリード」といいます。



私の場合、高校の時は「ダブルリードパート」でした。

オーボエも2,3人くらいだから、くくった所で大した人数にはならないという。



大学のサークルでは、オーボエがフルートと一緒にされてたので、ファゴットは「低音パート」でした。

チューバ・ユーフォニアム・コントラバスの中に入れてもらうという形で。



学外の団体では、パート分自体がなく、ただ「ファゴット」と呼ばれるだけでした(笑)

オプション扱い

人口が少ないからなのか分かりませんが、ファゴットの楽譜には「オプション」と書いてあることがあります。

オーボエも。



これは、「もしもファゴット(オーボエ)がいたら、これを使ってね。」的な意味合いです。

だから、オプションの楽器がいなくても、演奏が成り立つようになっているんです。

ちょっと寂しい(笑)



何なら、初めからファゴット(オーボエ)の楽譜が用意されていないものもあります。

そういう時は、ファゴットはユーフォニアムやトロンボーンの楽譜を一緒に吹いたり、吹くところを切り貼りしたり、必要に応じてバリトンサックスやバスクラリネットのパートをもらったりして、ファゴット用の楽譜を用意します。

ちなみにオーボエは、フルートの楽譜を吹くことが多いですが、音域が高すぎるのでオクターブを下げて吹きます。

(実は、1年だけオーボエをやってました。)

レアと言われる

冒頭でもお話した通り、ある程度ファゴットのことを知っている人に、「ファゴットやってます」と言うと、「レアだね」と言われます。

バランスの観点からしても、目立たなくて知名度も低いという点からしても、人数が少ないので、そりゃまあレアですよね。

「レア」と言われると、ちょっと嬉しいものです(笑)

レア故に「変人」とも言われる

「レアな楽器をやっているから変人」なのか、「変人だからレアな楽器をやっている」のか、どっちなのかはわかりません。

どっちもそうかもしれません。



実際、「変人」ってよく言われます。

部活の顧問にも、先輩後輩にも、全然関係ない人にも言われます(笑)



ちなみに私の場合は、

  1. 入部前にあらゆる楽器を試し吹きして、
    オーボエとファゴットしか吹けなかった。
  2. 持ち運びの楽なオーボエを志望した。
  3. しかし、楽器2本に対して希望者が3人いた。
  4. あみだくじの結果ファゴットになった。
  5. 練習して吹けるようになると楽しくなってきた。

という経緯で、今でもファゴットを続けています。

(まあ、オーボエの人数が減ったことで、1年間だけ臨時でオーボエやってたんですけどね。)

さいごに

今回は、「ファゴットあるある」をお話しました。

マイナーだから、あまり議論にも上がらない話ですが、マイナーだからこそ、分かる人の間では盛り上がる話なんじゃないかと思います。



ここに挙げたこと以外にも、結構色々ありますよね。

(親指働きすぎだとか、ハーネスタイプのストラップは脱ぐの忘れがちとか、チューバみたいにバズーカごっこできるとか。)



ファゴットを知らなかった方は、良かったらこの機会に、ファゴットの音を楽しんでみてください!



では、今回はここまでです。

お読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました