【超初心者のための】Cubase基本の基本でつまずいた2週間の学習記録

スポンサーリンク

こんにちは、ブログをご覧いただき、ありがとうございます!

Miryです。

先日、有料のDAWソフトをポチりまして、

(DAW:デジタルオーディオワークステーション。デジタルで音楽を作るためのシステム一式。)


こちら、「Cubase」を買いました!

音源の種類も多そうだし、とりあえずCubaseならよく見るし、間違いなさそうだから。

ブログ公開時点(2021年4月10日)では、ストレスのないレベルに操作できるようになりましたが、購入当初はほんとに訳が分からなかったです。

基本的なところでつまずきまくって、思うように音楽を作れなかったので、それはもう大変でした…。

そんな時期に学んだことを記録しているので、同じようなところで引っかかる方や、DAW導入前の方の参考になればいいなとも思ってます!

再生箇所を指定して再生する

「曲の途中から再生させたい!」

というとき、どこをクリックすればいいのか分からなかったんです。

検索しても全然見つからず。


テキトーにクリックしては再生を繰り返してたら、見つけました。

他のソフトは分かりませんが、少なくともCubaseでは、この十字キーのところでクリックすれば、その位置から再生できるようです!

複雑な音量変化をつける

これ。

DAWソフトでまずやってみたかったこと。

ロングトーン(伸ばした長い音)の中で、複雑な音量変化を付けてみたかったんです。


例えば、「音の入りは強めで、真ん中で弱くなって、最後の方にまた強くなる」という表現。

今まで使っていた譜面作成ソフト(MuseScore)では、そんな複雑な表現はできず。

まあ、あくまで「譜面を作成するためのソフト」なので、当然だと思いますが。



なので無理くり、何層にもアコーディオンを重ね合わせて、譜面としてはあり得ないものを作ってしまいました。

しかしこれがCubaseだとこんな感じ。

Cubaseの方が綺麗ですよねえ(そりゃそうだ)。

こういう感じで、「出してみたい音」が出せた時が楽しいんですよね〜!!

色々ググって、やっとこさ手順を知ることができました…!

Cubase11Proでの手順はこんな感じ。


異なるソフト同士でMIDIデータを扱う


MIDIファイルというものを、今回初めて使うことになりました。

MIDIデータというのは、ざっくりいうと「音程、音の長さ、音のタイミング、音の強さなどの、音に関するデータがまとまったもの」です。

このMIDIデータに、音色(楽器)がついて、初めて「音」になるというイメージです。



いわば、MIDIデータは「楽器の指定がない音符データ」みたいなもんで、DTMでは共通規格です。

そのため、Aというソフトで作ったMIDIデータは、Bというソフトでも使えるということ。



私は元々、MuseScoreだけを使ってたので、MuseScoreで作った音源も結構持ってるんです。

そのデータをMIDIデータにして、Cubaseに取り込めば、Cubase上でもっと色々いじれちゃうということに気づいたんです!

MuseScoreだけを使ってた時は、PDF(譜面用)、wavやmp3(音源用)での出力しかしたことがなかったので、これは大発見!



私の場合は、「MuseScoreでサクサク打ち込んで、それをCubaseで調整できないかな?」と思ったところからのスタートでした。

同じようなケースの方がいましたら、MIDIファイルが使えないか確認してみてください!

ヘッドフォンから音を出す

こんなことでつまづくとは思いませんでしたが、Cubaseを買って1週間ほどは、つまづいてました。

パソコンにヘッドフォンを挿してても、ヘッドフォンから音が出ないんです。

スピーカーからしか音が出ないんです!!

これでは音がダダ漏れ。

作曲途中のものを夫に聞かれるのって恥ずかしいもんで、夫不在のときを狙って作業してました。

色々ググッても、出てくる記事の説明では解決せず。

結局、こんなやり方で解決しました。

さいごに

お悩みを解決できる項目はありましたでしょうか?

操作になれるまでには結構大変ですが、そこを超えると、頭の中に思い浮かんだメロディや伴奏を形にできるので、とても楽しいですよ!

Cubase初心者の皆様が、すてきなDTMライフを送れますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました