【爪の異変は病気の前兆?】左手の爪が横に凹んだ話とその原因

スポンサーリンク

こんにちは。

ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます!

Miryです。


今回は、私の爪に起こった異変の話をします。

タイトルの通り、左手の爪が横に凹んだ話です。


以下、2021年1月時点での様子。

まだ完治してません。


親指↓
(このほくろ、一昨年あたりに突然できた。)



中指↓



小指↓



上から見るとそうでもなさそうですが、横から見ると凹み具合が分かるかなと思います。

もうベッコベコで。



これでもピークは過ぎたのですが、かれこれ去年の8月から、4カ月以上、こんな感じなんです。



爪の異変って、病気の予兆って言うじゃないですか。

だから、さんざん様子見(放置)してから、お医者さんに見ていただくことになりました。



そんなわけで、今回は、私の場合の原因と経緯をご紹介したいと思います。

※私は医療従事者でもなんでもないので、参考程度に読んでいただければと。

私の場合の原因(病気ではなかった)

夏に発症して、どんどんと凹みがひどくなるので、心配になってきました。

11月に、ちょうど会社の健康診断を受診する機会があったので、そこでこの爪のことを聞いてみたんです。

内科・皮膚科の先生もいたので、助かりました。


実際に見てもらったところ、

「爪に負担をかけたことによる凹みでしょう。
なるべく負担をかけないでください。

とのこと。


症状名としては、

「波板状爪(洗濯板状爪)」

というもの。

波を打つように、爪の表面に次々に横方向の溝ができている状態を、「波板状爪(洗濯板状爪)」といいます。健康な人にも起こりうる症状で、爪母を覆う皮膚をほかの指でおさえる癖がある人に多く、特に手の親指によくみられます。

Rohto:爪に起こりやすい症状(割れやすい・縦線・横線・二枚爪・白い斑点)の原因・対処法を解説
https://jp.rohto.com/learn-more/bodyguide/nail/symptom/


爪に負担をかけること、あったかしらと考えました。

そしたら、ありました。

爪に負担をかけた経緯

去年の6月くらいでしょうか。

謎の湿疹というか水膨れというか、そんな感じのものが、左手の指全体に出てきたのです。



特に集中していたのが、指と指の間。

それと、親指、中指、小指の、第一関節と爪の間。


(ところどころ、湿疹のガサガサが残って、しわしわになっている・・・。)

水膨れ自体は、生理前にたまーにできることがあったので、ほっといたのですが、なかなか治らずにかゆみまで出てきてしまい・・・。

どうしてもかいちゃう生活を続けていたのですが、3年ほど前には、汗腺がバカになって両手の皮がはがれまくったことがあったので、

ミリー
ミリー

それに比べりゃ軽いもんやろ。


なんて思って、かゆがりつつも、1ヵ月程ほっといてしまったんです。

(病院行けって話・・・。)



でも、やはりなかなか治らず。

よりによって利き手がかゆいというのもかなり困るので、仕方ないので皮膚科に行きまして、

皮膚科の先生
皮膚科の先生

アルコール消毒による手荒れだね。


という診断を受け、薬をもらってきました。


薬で地道に手荒れを直しつつも、夏の手汗のせいもあり、やっぱりかいちゃう生活・・・。

で、かいている時に、爪が凹んでることに気づいたのです。


爪の近くをかき続けたせいで、爪に負担をかけてしまい、爪の凹みにつながったということみたいでした。

ちなみに、手荒れの方は11月の時点では大分治っていたので、あとは、爪に負担をかけないように気をつけて過ごすしかないということで、凹んだ爪を気にしないように過ごしてきました。


すると、新しく伸びてくる爪は、凹みが少ない状態で伸びてくるようになったんです。

凹みがひどい時は、伸びてくる爪でさえ初めからしっかり凹んでいたのに。



そんなわけで、このまま綺麗な爪が伸びてくるのを待つしかないようです。

完治はいつになることやら。

まとめ:違和感があったら病院行こう

私の場合は、病気につながるような症状ではなかったようです。

ですが、私と全く同じ症状が出てる人でも、一応病院には行った方がいいと思います。

大丈夫だと思ってほっといたら、大変なことになる可能性もありますし。



・・・と、当然の話を、さも新発見かのように話してしまいました。


病院に行くのが面倒だから、放置しがちなんですよね~。

でも、面倒くさがらずに、「あれ?」と思ったら受診しましょう。

うん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました