【色の色々】「そんな名前あり?」っていう色を紹介するよ!

スポンサーリンク

こんにちは。

ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます!

Miryです。


今日は、「色」の話です。


前に「色彩検定」っていう資格の勉強をしてて、「変な名前の色だな~」って思ったものがあったんです。

「慣用色名」として指定されている色の中には、変な名前や面白い名前の色が結構ありまして。



改めて調べてみたら、変な名前の色がどんどん出てきて面白かったんですよ。

なので、今回は各系統の色から1つずつ、「何だその名前(笑)」っていう色を紹介していきたいと思います!


なお、ここで紹介している内容は、私自身で学習・調査したことに加えて、下記サイトを参考にしています。

JIS慣用色名 | 色彩図鑑(日本の色と世界の色)

慣用色名とは

「慣用色名」とは、多くの人がその色名から色を推測できるようになったものです。

なお、慣用色名と色が1対1で対応するわけじゃなく、1つの慣用色名である程度の幅を持っています。

「だいたいこのくらいの色」っていう表し方ってことですね。


例えば、「山吹色(やまぶきいろ)」

「山吹」という黄色い花からつけられた名前なので、山吹の花を知っていれば、色の名前を聞いただけで「鮮やかな黄色」を連想できるようになっています。

山吹色(やまぶきいろ)の色見本 | 色彩図鑑(日本の色と世界の色)
山吹色(やまぶきいろ) 山吹の花のような鮮やかな赤みの黄色です。 山吹の花 関連する色



それから、「空色」

空の色なんて天気や時間帯によって様々ですが、単純に「空」と言われたら、青空を思い浮かべるんじゃないでしょうか。

なので、「明るい青」というのがすぐに連想できるかと思います。

空色(そらいろ)の色見本 | 色彩図鑑(日本の色と世界の色)
空色(そらいろ) 晴れた空のような明るい青色。 関連する色



赤系統

【今様色(いまよういろ)】

平安時代に生まれた色名です。

平安時代の「今の色(=流行の色)」が、紅花染めの赤なので、こういう鮮やかな赤が「今の色」として呼ばれました。

「別の時代から見たら全然分からん(笑)」と、ちょっと笑っちゃったので、この色を挙げてみました。

今様色(いまよういろ)の色見本 | 色彩図鑑(日本の色と世界の色)
今様色(いまよういろ) 今様色とは「当世流行の色」という意味で、平安時代に流行した色のことです。 平安時代の流行色といえば、紅花染めの赤。 今様色は紅花染めの中でもかなり濃い色です。 関連する色

黄赤系統(オレンジ系統)

【肉桂色】

まず、「肉桂(にっけい)」ってすごい名前だなあと(笑)

肉桂とは、シナモンの樹皮を乾燥させたものだそうです。

生薬では「肉桂」と呼ばれるものの、結局は俗に言う「シナモン」を指しています。

肉桂色(にっけいいろ)の色見本 | 色彩図鑑(日本の色と世界の色)
肉桂色(にっけいいろ) 肉桂とはシナモンの樹皮を乾燥させたものです。 生薬では肉桂とよばれますが、シナモンのという呼び名の方が一般的ですね。 肉桂が日本に輸入されたのが18世紀の頃なので、日本の色名としては古くから使われていたものではありません。 英語のの訳語と考えられます。 シナモン 関連する色

黄系統

【中黄】

「ちゅうき」と読みます。

「黄色らしい黄色」だそうです。


「黄色」という色名の色が既にあるのに、また別で「中黄」という名前の色があることに驚きました。

中黄(ちゅうき)の色見本 | 色彩図鑑(日本の色と世界の色)
中黄(ちゅうき) 中黄は黄色らしい黄色で、カラー印刷用のイエローインクの色名です。 JISの色彩規格では、イエロー100%にマゼンタを約5%加えた色とされており、系統色名では「明るい緑みの黃」とされている色です。

黄緑系統

【青丹】

「あおに」と読みます。

黄緑の部類なのに、「青丹」かあ・・・。と思いまして。

青丹は、青黒い土から作られた顔料の色だそうですが、色として出すと全然青黒くないんですねえ。

青丹(あおに)の色見本 | 色彩図鑑(日本の色と世界の色)
青丹(あおに) 青丹とは青黒い土から作られた顔料の色。 「青丹よし(あおによし)」は和歌の中で奈良にかかる枕詞になっています。 関連する色

緑系統

【薄緑】

「薄い緑」なのは分かるし、色にある程度幅があるのも分かってるけども、あまりにも薄すぎてびっくりしました(笑)

これ以上濃いと、他の緑系の色と変わらなくなるんだと思いますが・・・。


これはもうもはや、「緑」というより「グレー」やん。

と思ったりしました。

薄緑(うすみどり)の色見本 | 色彩図鑑(日本の色と世界の色)
薄緑(うすみどり) 薄緑は若緑よりさらに薄い緑色です。 「淡緑」と表記されることもあり「うすみどり」または「たんりょく」と読みます。 関連する色

青緑系統

【納戸茶】

まず、「納戸色」という青系の色があります。

納戸色の名前の由来は、「納戸の暗がりのような色」とか、「納戸の幕」とか、「納戸を管理する役人の衣装の色」とか、色んな説があるらしく。

納戸色(なんどいろ)の色見本 | 色彩図鑑(日本の色と世界の色)
納戸色(なんどいろ) 変わった色名ですが、納戸色も藍染の色のひとつです。藍染の色の中では少しくすみのある青色です。 納戸色の名前の由来は、納戸の暗がりのような色とか、納戸の幕とか、納戸を管理する役人の衣装の色とか、諸説あります。 関連する色



これもなかなか珍しい色ですが、これを更にややこしくしたのが、「納戸茶(なんどちゃ)」

納戸色を少し茶色っぽくした結果だそうです。

そんな色もあるのねえ・・・。

納戸茶(なんどちゃ)の色見本 | 色彩図鑑(日本の色と世界の色)
納戸茶(なんどちゃ) 納戸茶は、茶色みをおびた納戸色です。 関連する色

青系統

【新橋色】

上で紹介した青系の「納戸色」も変わった名前ですが、「新橋色(しんばしいろ)」もなかなか。

「新橋?」ってなりますよね(笑)

明治時代に生まれた色名で、この色の着物が新橋の芸者衆に好まれたため、こういう名前になったそうです。

新橋色(しんばしいろ)の色見本 | 色彩図鑑(日本の色と世界の色)
新橋色(しんばしいろ) 新橋色は明治時代に生まれた色名です。 鮮やかな青緑の化学染料で染められた着物の色で、新橋の若者衆に好まれたため、この名前がつきました。

青紫系統

【藤納戸】

また出ました、「納戸」シリーズ。

「ふじなんど」と読みます。

名前の通り、「藤色がかった納戸色」ですが、「納戸色」がどんなのか分からないと、やっぱり色の想像がしにくいですよね。

藤納戸(ふじなんど)の色見本 | 色彩図鑑(日本の色と世界の色)
藤納戸(ふじなんど) 藤納戸は、藤色がかった納戸色です。 関連する色

ついでに言うと、「藤色」も、「藤」の花からイメージされる系統色名ですが、藤の花および藤色も分からなかったら、ますます色の想像がしにくいですね。

藤色(ふじいろ)の色見本 | 色彩図鑑(日本の色と世界の色)
藤色(ふじいろ) 藤の花のような明るい紫色です。 藤色は英語ではですが、藤色の方がやわらかい色です。 藤の花 関連する色



ちなみに、「納戸」系は、他にもたくさんあります。

「鉄納戸(暗い灰みの青)」「錆納戸(くすんだ緑みの青)」、といった具合。

鉄納戸(てつなんど)の色見本 | 色彩図鑑(日本の色と世界の色)
鉄納戸(てつなんど) 鉄納戸は、鉄色がかった納戸色です。 関連する色
錆納戸(さびなんど)の色見本 | 色彩図鑑(日本の色と世界の色)
錆納戸(さびなんど) 錆納戸は、少しくすんだ納戸色です。 関連する色

紫系統

【似紫】

読みは「にせむらさき」。

漢字からして、「紫に似てる色」というのは分かるのですが、読みで考えると、「『にせ』って・・・」とちょっと切なくなりました。

似紫は、伝統的な染色方法で染めた「本紫(ほんむらさき)」に対しての、「本紫に似てる色」という立ち位置だそうです。

似紫(にせむらさき)の色見本 | 色彩図鑑(日本の色と世界の色)
似紫(にせむらさき) 似紫は、伝統的な紫根染で染めた色である本紫(ほんむらさき)と対照とされる色です。 紫根染は高価だったり、江戸時代には紫紺染が禁止されたりしたことから、紫根を使わずに紫に染める染色法が考えられました。 その中で蘇芳(すおう)や茜(あかね)で代用して染めた紫色を似紫といいます。 関連する色

赤紫系統

【葡萄染】

読み方は「えびぞめ」。

何でそんな読み方?って思いますよね。


「葡萄葛(えびかずら)」という植物がありまして、その実で染めたような色をしていることから、こういう名前になったそうです。

葡萄染(えびぞめ)の色見本 | 色彩図鑑(日本の色と世界の色)
葡萄染(えびぞめ) 葡萄葛(エビカズラ)の実で染めたような暗い灰みの赤紫色です。 昔は山葡萄(ヤマブドウ)のことをエビカズラといいました。

無彩色系統

無彩色は、黒・灰・白の3色に分けられますが、今回はその中でも気になった1色を選びました。

【憲房色】

日本史マニアの方なら分かるんでしょうかね。

吉岡家の四代目当主「吉岡憲房(よしおかけんぽう)」が発明した染色方法によって染色すると出てくる、暗褐色を指しているそうです。

なお、吉岡家は、足利将軍家の剣術師範を務める「吉岡流」の剣術流派とのこと。


無彩色の系統色名は、そのまま「黒(ブラック)」、「灰(グレー)」、「白(ホワイト)」という言葉そのものが含まれていたり、「鼠」や、「墨(炭)」「鈍」という字が使われていたりと、割と分かりやすいものが多いです。

が、この「憲房色」はあまりに異色(字面の面で)なので、気になった色でした。

憲房色(けんぽういろ)の色見本 | 色彩図鑑(日本の色と世界の色)
憲房色(けんぽういろ) 吉岡家の四代目当主「吉岡憲房(よしおかけんぽう)」が発明した染色による暗褐色です。 吉岡家は、足利将軍家の剣術師範を務める「吉岡流」の剣術流派として知られています。

まとめ

慣用色名って、普段の生活でよく使うものもありますが、調べてみると面白い名前も結構ありますね。

名前から連想されるイメージと違い過ぎて、覚えにくそうなこともありますが、却ってインパクトもあります(笑)


ちなみに、全て日本語の色になっているのは、他意はありません。

偶然です!


以上、色に関して気になったことを、まとめてみました。

お読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました