【いじめはなくすことが可能?】無理そうなのでいじめ回避策についてまとめる

スポンサーリンク

こんにちは。

ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます!

いじめられ体質から少しでも楽になるために、毎日のように考察している、Miryと申します。



さて、今回の記事では、次のようなことをお伝えします。

・いじめはなくならないのか?

・なくならないならどうすればいい?

この記事の対象となる方は、以下のような方です。

・大人子供に関わらず
 いじめに苦しんでいる人

こういう方です。

今お読みになってる方は当てはまってますかね?



それでは、色々とお話ししていきます。

いじめってなくならないもの?

なくならないと思います。

残念ながら。

きっと多くの人が、

「何だかんだでなくならないんだろうな」

と思ってると思います。

「10人の人がいたら、そのうち1人は何があってもあなたを嫌う。
 2人は全てを受け入れ合える親友になれる。
 残りの7人はどちらでもない人たちだ。」

という、ユダヤ教の教えもありますしね。


その、「嫌ってくる2人」が、自分のことをほっといてくれればいいんですが、嫌いだと、何かと突っかかってくる人もいますよね…。

残念な人。


また、世の中には、理由もなくなんとなくいじめるのが楽しい人もいるようです。

そんなのに出会ったら、いじめなんてなくしようがありません。

八つ当たりとかかまってちゃんな人もいますしね。



それに、いじめの話をすると、「いじめられる側に問題がある」と言われることも多々ありますが、そういう考えの人がいる以上、やっぱりいじめはなくなりません。



いじめられる側に問題があるからって、いじめていい理由にはならないと思うんですがね。


人の悪い所を見つけたら、からかったり嫌がらせしたり仲間外れにするんじゃなくて、指摘したらいいのにね。

(その人が深刻な大事件を起こしたり、他人を巻き込んで被害に遭わせたりとかなら、避けたくもなるのは分かりますけど。)

じゃあどうすればいい?

いじめがなくならないなら、自分から離れたらいいです。

もしくは、ないものとして扱えるくらい気にしないようにしましょう。

(現実逃避とかではなくて。)



いじめや人間関係のしがらみから、少しでも楽になれる人を増やすために、自分の経験談と、「あの時こうしていればよかったかも」という考察結果を、紹介しています。

例えば、毎日のようにチクチクと嫌がらせをされる場合は、「身を置く環境を変える」か、「自分の考え方や受け止め方を変える」という方法で、精神的負担を軽くしていくのがいいと思います。

身を置く環境を変えるのが難しい場合に、次の手段として「自分の考え方や受け止め方を変え」ていくイメージです。

詳しくは、
「【いじめへの対処法】環境を変えるか考え方を変えるか【転校生にいじめられる話②】」という記事を読んでみて下さい。


また、ハブられた時の対処法としては、
「めげずに話しかける、輪の中に入っていく」「開き直って一人行動をする」
「ハブられながらついて行くけど、自分の世界に入り込んで楽しむ。」

という感じです。

詳しくは、
「【いじめへの対処法】いじめてくる下級生の話①【集団行動でハブられる時の対処法 3選】」を読んでみて下さい。



長期的に、慢性的にハブられていて、自分の殻に閉じこもっている場合には、「逃げ先は本当にないのか?」を改めて考えてみて下さい。

詳しくは、
「【いじめへの対処法】いじめてくる下級生の話②【長期的にハブられたら逃げ先を探そう】」を読んでみて下さい。


この方法で、無敵状態になれるわけではありません。

ただ、ちょっと精神的に楽になれるはずです。



ちょっとでも精神的に楽になったら、自分の状況にあった解決法も探しやすくなるはずです。

私は、このブログをお読みいただく方の、個々の状況は分からないので、それに合った具体的な解決法の提供はできません。

でも、いじめや人間関係に悩む多くの人の、心の余裕をちょっとだけ作るための方法は、お伝えできると思います。

さいごに

今回は、「いじめはなくならないのか?」、「なくならないならどうしていく?」をご紹介しました。



残念ながら、いじめはなくならないようなので、うまく回避して、精神的負担を少しずつ軽くしていきましょう。

私も日々がんばっています。



この先も、いじめの事例紹介や対処法についてお話していきますので、次も気になる方は、読んでいただけますと嬉しいです。


また、この記事が役に立ちそうな人が周りにいたら、是非とも進めてみてほしいです!

もしもその人のいじめの悩みを少しでも軽減できるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

では、本日はここまで!ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました