【いじめへの対処法】いじめてくる下級生の話①【集団行動でハブられる時の対処法 3選】

スポンサーリンク

こんにちは。
ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます!

いじめられ体質から少しでも楽になるために、毎日のように考察している、Miryと申します。



さて、今回の記事の対象となる方は、

・大人、子供問わず
 いじめから楽になりたい人

・いじめられた経験があったけど、
 当時はただ耐えていただけで、
 次同じようなことが起きた時のために
 対処法を知っておきたい人

・集団行動下でハブられて困っている人


こういう方です。今お読みになってる方は当てはまってますかね?



この記事で、次のようなことが分かります。

・集団行動下でハブられた時の
 適切な対処法

・ハブられてもとりあえず 
 メンタルを安定させる方法


それでは、私の事例を含めて、お話ししていきます。

下級生にいじめられた

今までの記事で、

「待望の女子転校生にいじめられたー」

っていう話をさんざんしてきましたが、まだ他にも、いじめてくる人がいました。



女子転校生にいじめられた話はこちらです。



これだけじゃなく、情けないことに、1学年下の子にもいじめられておりました・・・。


しかも辛いことに、ほぼお隣さんみたいなポジションにお住まいのため、通学班も、私が小2~小6(彼女は小1~小5)の時からずーっと一緒。


保育園に入る前からも遊んではいたのですが、私が小4の時くらいから、不穏な感じになってきました。


転校生にいじめられた時とちょうど重なるっていう辛さね…。


当時、私の学年の女子は、私と転校生の2人、1学年下の女子は4人。計6人でした。


その6人女子の中で、彼女はボス的存在でした。

ややこしいので、その子のことは【Zちゃん】と呼びますね。

不定期にハブられた

具体的にどういういじめだったかというと、「不定期にハブられる」といういじめでした。


正直、どういう順番だったのかは分かりません。

彼女の気まぐれだったんだろうと思います。


Zちゃんが、自身以外の5人の女子を順番に無視したり、仲間外れにしてくるのです。


標的にされた人は、一定期間ハブられた後、きっかけも不明で何となく元に戻っていくのです。

他の子がハブられている時のことも、後日お話しますが、今回は自分がハブられた時のお話をします。

よりにもよって修学旅行中にハブられる地獄

私がハブられたのは、小学校卒業までの間に何度かありましたが、1番キツかったのが、修学旅行とかぶった時です。


ここで、

「学年違うんだから、修学旅行とか関係なくない?」

と思われる方もいると思います。


残念、関係あるんです。


田舎の、1学年1桁人数のような環境では、修学旅行に1学年だけで行くなんてことはありませんでした。

うちの場合は、小5と小6が合同で行っていたんです。


だから、学年によっては、小5の時に行った子もいれば、小6の時に行った子もいるという感じです。

私の場合は、Zちゃん達の学年が小5、私たちの学年が小6の時に修学旅行に行きました。



その修学旅行のちょっと前に、私がハブられる番が来たんです。


自由行動も何もかも、他の女子とは常に会話できない状況。

普段は普通に話せている子も、私がハブられてる期間はあまり話してくれませんでした。



何にも悪いことしてないのに、針のむしろです。


「だったらもう私1人でいいし。」

と、開き直って1人行動できていたら良かったのかもしれません。

が、当時そんなふうに思えるメンタルもなかったですし、迷子になる可能性も充分ありましたし、先生が見逃してくれないし。


ということで…


(何故か女子は6人で固まってたものの、)私だけほとんど喋ることなく、ついて行ってく感じでした。


私だけほとんど喋ることなく、USJ。

私だけほとんど喋ることなく、奈良の鹿公園。

私だけほとんど喋ることなく、グリコ工場見学。


楽しくなかった…。辛かった…。

ハブられた時の適切な対応策・メンタルの保ち方を考える

では、どうすれば良かったのか。



私の修学旅行のケースで考えると、

1. めげずにZちゃんや他の子に
 話しかけたり、輪の中に入っていく。

2. 開き直って1人行動をする。

3. ハブられながらついて行くけど、
 自分の世界に入り込んで楽しむ。
(ハブられてる目線を気にしない)


といった所でしょうか。

1. めげずにZちゃんや他の子に話しかけたり、輪の中に入っていく。

でも、「めげずに話しかける」って・・・。

「そんなことできたら苦労せんわ」って、今書いてて思いました。



多分、ハブられて悩んでいる方も、同じようなことを思われたと思います。

すみません。



「仲間外れにしてくる相手と、そこまでして仲間になりたいか?」とも思いますしね。

2. 開き直って1人行動をする。

では、開き直って1人行動をするのはどうでしょうか。



私は、修学旅行という場においては無理でした。

でも、他のタイミングでハブられた時は、1人にならざるを得なかったので、1人遊びで色々と楽しんでました。


今でも、1人遊びは得意です。楽しんでます。

大人になってからは、1人で楽しく過ごす力も求められてきますし、丁度良かったかもしれません。



「ハブられている」という事実がありながら、「1人遊びたーのしー!!」という気持ちになるのは、なかなか難しいとは思います。


が、無闇に誰かを仲間外れをしてくるやつとは、関わらない方がいいです。


だから、そういうやつと離れて過ごせる状況なら、とっとと離れて1人遊びに興じた方がいいです。

むしろハブられてラッキーかもしれません。

3. ハブられながらついて行くけど、自分の世界に入り込んで楽しむ。(ハブられてる目線を気にしない)

どうしても1人になるのが難しい状況もあると思います。

そういう時は、自分の世界に入り込んで楽しめばいいんです。

嫌な人の視線を気にしながら一緒にいるのも、時間がもったいないですからね。


お手軽にできるのは、「人間観察」です。

(人間があまり周りにいなければ、自然観察でも。)



「自分の世界に入り込む」と言うと大袈裟ですが、自分1人で集中できることを見つければ、周りの視線がどうでも良くなっていきます。



何か集中できることを見つけると、むしろ話しかけられた時に、「ほっといてくれ」とさえ思ってしまいます(笑)

さいごに

今回は、「不定期にハブられた」話と、「集団行動下でハブられた時の適切な対処法・メンタルの保ち方」をご紹介しました。

ハブられた時には、

1. めげずにZちゃんや他の子に
 話しかけたり、輪の中に入っていく。

2. 開き直って1人行動をする。

3. ハブられながらついて行くけど、
 自分の世界に入り込んで楽しむ。
 (ハブられてる目線を気にしない)


まあ、1. はハードル高いので難しいですよね。

現実的に実行できそうなのは、2. と3. ですね。



2. では、「いずれ必要になる、【1人で楽しく過ごす力】」を鍛えられますし、誰かをむやみに仲間外れにするような奴と、関わらずに済みます。

それが難しい場合は、「自分の世界に入り込んで楽しむ」ということで、その場その場を乗り切る力をつけられるといいと思います。

あくまで、私の体験から得た方法ですが、同じような悩みを持つ方の参考になれば幸いです。



この先も、いじめの事例紹介や対処法についてお話していきますので、次も気になる方は、読んでいただけますと嬉しいです。


次回の記事

「【いじめへの対処法】いじめてくる下級生の話②【長期的にハブられた時の対処法】」は、

こちら!



また、この記事が役に立ちそうな人が周りにいたら、是非とも進めてみてほしいです!

もしもその人のいじめの悩みを少しでも軽減できるのなら、こんなに嬉しいことはありません。


では、本日はここまで!

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました