「おひとりさま」も良し悪しあるよねえ。

スポンサーリンク

こんにちは。

ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます!

Miryと申します。



突然ですが、「おひとりさま」についてどう思いますか?

気楽そう?

寂しそう?

別にどうでもいい?



私自身、自分が「おひとりさま」になるのは結構好きです。

実際、ご飯食べるのもほとんど1人だし(誘われたら行く程度)、どこか遊びに行くのも1人が多いです。
(夫とは例外なことも多いですが、基本的にはお互い「おひとりさま」で好きなことをやってます。)


でも、誰かと一緒に何かをするのも、楽しいっちゃ楽しい。

「おひとりさま」が不都合に思うこともある。

結論、基本的には「おひとりさま」大好きだけど、たまには誰かと一緒なのもあり。



どっちつかずな立場ではありますが、基本的には「おひとりさま」大好きな者として、「おひとりさまの良し悪し」について、だらだらと喋っていきたいと思います〜。

※念のため言っておくと、友達がいない訳では無いですし、ごくごくたまに会う友達だっています。
(コロナ禍でなかなかそれも難しいですが。)

楽しみへの取り組み方が違う

「おひとりさま」だと、「楽しみへの取り組み方」からして違いますよね!

「おひとりさま」でいいこともあれば、「ちょっと…」なことも。

おひとりさまは「楽しみ」に超集中できる

まずは、当たり前っちゃ当たり前ですが、おひとりさまは「楽しみ」に超集中できます。



1人だと、行きたい場所に行きたい時に行ける確率が高いと思います。

誰かと一緒だと、相手の行きたいところも考慮しないといけない。



外食するにしても、自分だけが食べたいものを選べばいいですよね。

しかも相手のペースを気にせずにゆっくり食べられる!



周りのペースや好みを考えないで、自分の好きなこと、楽しみに取り組めるのは、「おひとりさま」の大きな利点だと思います。



というか私自身、自分の好きに過ごしたいから、特別仲のいい友達は作らなかったし、作れなかったし、何なら、将来結婚も絶対しないと思っていました。

相手が楽しいかどうかとか、自分の希望を言ってもいいかとか、色々考えなきゃ行けないというのは、デメリットだと感じていたので、そんなんなら1人の方がいいやと思ってたんですよね。

「おひとりさま」だと、楽しくても寂しい?

でも、1人だと、「楽しい気持ちを共有できない」と、寂しく感じることがあるのも事実です。

私も、基本的には1人でじっくり楽しみたい派なのですが、例えばすごくおいしいものを食べた時、「その場で誰かにこの感動を伝えたいのに!」と思うことが、たまにあります。

(だから、SNSに上げるという手段があるんでしょうね。)



楽しさを誰かと共有できるって、結構気分いいものですねえ。

いじめられることが減って、少しは友達ができるようになってから、その楽しさを実感するようになりました。

色々気を使って面倒なことが出てくるのはデメリットではありますが。

時間の使い方

これも当然ですが、「おひとりさま」か否かによって、時間の使い方も結構変わってきますよね。

自分の時間は自分のために使える!

1人の方が時間を好きに使えますよね

人の予定に合わせなくてもいいのは楽だと思います。



好きな時に好きなことをできる、素晴らしい。

もうほんとに、一生これでいいわと思ってました。

自由最高!っていう感じです。



でも、1人で自由に時間を使えるのって、裏を返せば、「いっっっくらでも自堕落に過ごせる」ということです。

気楽だけど、健康面や、効率的な時間の使い方を考えると、そこそこのデメリット。

自分の時間を自分のためだけに使うと自堕落に?

自分の時間は全て自分のものだと、知らず知らずのうちに自堕落になってしまうことも…。

逆に、自分の時間を誰かのために使うのって、「せっかく自分に時間があるのに!!」と、損した気になるかもしれません。

ですが、捉えようによっては得になることも。

たとえば、人との予定等があると、

相手が困るから遅れないようにしなきゃ。だから先にこの用事を終わらせなきゃ。」

というように、誰かとの予定があると、結果的に「ちゃんとやれる」というケースもあるかと思います。

これって、自分にとっても得な話ですよね。



また、結婚生活でも同様です。

共働きをしていると、家事も分担することになりますが、自分担当の家事は相手のためでもあるので、怠け癖がなくなります。



自分のためだけの家事だと、先延ばしにしたりすることが多くなると思います。

結局変な時間にご飯を食べることになったり、夜更かししちゃったりすることもあると思います。



その点、誰かと一緒に住んでると、「この人にも悪いからちゃんとやらなきゃ」と思うようになり、結果的にスケジュール管理がしっかりできるようになります。

責任の取り方

最後は「責任の取り方」です。

重い感じに聞こえるかもですが、そんなんではないです。

1人なら、ミスっても誰かから責め立てられたりしない!

1人だと、何かミスってもすべて自分の責任ですよね。

チームメイトがいないから、責め立てられようがないですよね。


たとえば、団体競技とか、とにかく集団で何かをやる時、自分がミスをした時に、ミスを押し付けられるのって嫌だと思います。

私は、たとえ自分がミスをしていなくても、何かと責任を押し付けられる側の人間なので、そういう環境に置かれる集団行動がやっぱり苦手なんです。



実際、小学生、中学生時代は、普段のいじめにプラスで、その辺にも悩まされました。

少しのミスでめちゃくちゃ責め立てられたり、私が関係ない所で起こったミスでも、私が関わっているかのように言われたり。



それなら、大変でも1人で全部やって、ミスっても全部自分のせいと思えた方がずっと楽です。

煩わしい人間関係に悩むこともないですし。


ちなみに、得意なスポーツは水泳とマラソンでした。

(メドレーは除きます。完全に己との戦いなのが好き。)

1人だけだと、自分だけで実現できないことはそれまで。

中学までは「1人がいいんだ!」と思って過ごしていましたが、ちょっと考え方が変わる瞬間がありました。

高校の部活を決める時に、吹奏楽部の演奏を見る機会があったんです。



1人で完結するピアノを続けていた自分でも、大人数でわいわい演奏している姿を見たら、「1人では作り出せない演奏」が羨ましく思ったんです。

そこから無事(?)吹奏楽部に入部し、楽しいこともきっついこともたくさん経験することに。



集団行動とか、誰かと一緒に何かをするって、ミスの押しつけとか人間関係とか大変なことも多いです。

未だに私も苦手です。

正直この辺はデメリットだと思います。

でも、自分だけじゃ出来ないことを実現できるというのは、やっぱりメリットだなと思います。

さいごに

今回は、「おひとりさまの良し悪し」について、だらだらと喋ってみました。

良し悪しありますが、時と場合によって、「おひとりさま」になったり、誰かと一緒に過ごしたりできれば理想ですよね。

そこのバランスを取るのが大変だし、相手の都合もあるので、なかなか思い通りにはいかないですが…。


人間関係って、難しいですね!!

逆に考えれば、良し悪しあるんだから、「おひとりさま」であることを悲観的に捉えたり、「誰かと一緒がいい」気持ちをダメだと思う必要もないってことで。



では、今回はここまでです。

お読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました